日本視察研修の企画からアテンドまで

レジャーサービス研究所では、中国企業の日本視察ツアーの企画からアテンドまでを実施しています。

 

 

中国は、沿岸部は若干減速傾向にはあるものの、まだまだ成長を続けています。

これまで2万人以上に研修を実施してきたレジャ研ですが、最近では企業の日本視察旅行の企画を依頼されることも増えてきました。

 

『利益が前年の倍になったから、従業員を日本に連れて行ってあげたい』

『いつも日本の事例を紹介してもらっているから、本物を見てみたい』

『良いサービスをみたいんだけど、いったいどの施設を見に行けばいいのかわからない』

 

 

そんな声が、研修の参加者から聞こえてきます。

 

そこで!

 

レジャ研では、在中国企業の日本視察研修ツアーの企画~アテンドまでを実施しています。

 

日本の空港、テーマパーク、商業施設(百貨店・SC)、ショールーム、製造業などからレジャ研がこれは!とオススメする施設をピックアップし、効率的にまわれるツアーを計画します。

 

また、実際に視察のプロによる解説(通訳有)がついてきますので、大変好評をいただいております。

 

 

日本でも、社員の福利厚生の一環として海外研修旅行が盛んな時代がありました。

 

経営者の立場からすれば、どうせ同じお金を出すなら、参加者にはしっかりと学んだうえで、お楽しみとしての旅行も満喫してほしいですよね?

そんな理由もあって、こういった研修旅行の企画なども実施しております。

 

 

 

参考: 

インセンティブ・ツアー(報奨旅行)とは


インセンティブ・ツアーとは、企業などが社員のやる気を引き出すため、あるいは一定の成果を成し遂げた社員に対して報奨として与える旅行のことである。また、視察や招待などビジネスに付随した旅行をさすこともある。


 特徴として、一人当たりの費用が高いため経済効果が考えられる。また、目的地が決まっていることが多いので、ゴールデンルート以外の地域を訪れる可能性が高い。このため、ゴールデンルートから離れた地域への誘致に極めて有効であると考えられる。


 観光ビザの発給には特に保証面で厳しい制限がある。しかし会社主催の旅行である場合、保証がしっかりしているため許可が下りやすいほか、場合によっては商用ビザによる訪日が可能である。

今年で中国進出15周年

週刊トラベルジャーナルで連載中!
週刊トラベルジャーナルで連載中!

▼2013年4月発売!

▼外国人観光客対応の現場向け教科書

>>自力で誘致してアテンドして得たノウハウをわかりやすくまとめました。

連絡先

【東京事務所】

〒150-0033

東京都渋谷区猿楽町12-36

JAプランニング・センター4階

 

Tel: 050-3592-3110

 

【上海事務所】

 上海市黄浦区茂名南路163号 9/2F

 

Tel:+86-133-0170-6974

レジャ研の関連ブログ

 ● レジャ研所長のブログ

日本のレジャーサービス産業は成功と失敗に満ちています!

そこから学べることはたくさんあります。そこで、その両方を行ったり来たりしながら、もっと楽しく働くヒントと、レジャーサービス業界がもっと元気になるヒントを紹介していきます。