▼販売員OS研修@上海

 

●一日目自己紹介、みんながみんな恥ずかしくて、二日目は斉藤先生がトレーニングをしてくれたました。とてもユーモアで、いろいろ笑わせてくれました。

 

トレーニングは一週間しかなかったけど、みんないろいろ勉強できたし、このトレーニングで一番印象にのこったのは、チームワークです。

昔やってた仕事は全部、個人成績で、個人の成績がよければいい。チームワークなんて一度も思ったことなかったし、チームワークに触れたこともなかったです。チームワークは忘れられないことですね。

 

先生がゲーム中リーダーを決めたとき、このゲームは個人のゲームではないと知りました。ゲームを45回くらいやったところで、ボールのゲームを2回くらいやった。みんなで一緒に努力してやったから、楽しかった!

 

この何日間の間でみんな打ち解けて、とても楽しかった。仕事中お互い助け合い、斉藤先生に失望させないよう、そしてこの何日間かで一番学んだものは、相手の立場に立って考えることです。現在社会の一人っ子は多いから、両親に甘やかされていた部分もあり、他の人のことを考えられないところがあった。先生はそんな私たちを「顧客思考」が理解できるようにしてくれました。

 

 

●斉藤先生の3日間教えてくれたことで、最も印象が深かったのは〝キャッチボールの定義〟でした。適切な話し方、キャッチボールにたとえると、いいボールを投げれば取ってくれるけど、よくないと取れないのだ。人と人のコミュニケーションも一緒で、人が話してるときはまず終わるまでちゃんと聞くこと、ちゃんと反応をすること。自分の意見を話すのはそれからだ。

 

私がこの点で印象を深く受けたのは、自分が自己中心的で、人の意見をあまり聞いてこなかったことに気がついたことです。

 

今回の訓練育成は今までとはまったく違い、斉藤先生の自らの経験を元に話してくれました。このような機会をくれた会社に感謝しています。そして先生のすばらしいスピーチにも感謝します。言葉は違えどほんとうに楽しく勉強させていただきました。

 

今回学んだことを仕事上で役に立てます、これは先生が最も見たい成果だと思います!がんばります!

 

 

●この三日間のトレーニングを通して、わたしは色々学びました。まだ、欠けてる部分はあるけど、道理はよく理解できました。“他の人の長所を学び、自分の短所に補充する”この言葉は、生活、仕事でも、いい言葉である。

 

私はひとつ閃いた感想があります。

もし“斉藤先生”が私の学校の先生だったら、私は絶対優秀な生徒になって、いい大学に入ることができたと思う。自分は、先生の教え方がとても気に入りました。

 

“バカな人はいない、ただ勉強が嫌いな人なだけ”先生とても感謝してます。

 

今年で中国進出15周年

週刊トラベルジャーナルで連載中!
週刊トラベルジャーナルで連載中!

▼2013年4月発売!

▼外国人観光客対応の現場向け教科書

>>自力で誘致してアテンドして得たノウハウをわかりやすくまとめました。

連絡先

【東京事務所】

〒150-0033

東京都渋谷区猿楽町12-36

JAプランニング・センター4階

 

Tel: 050-3592-3110

 

【上海事務所】

 上海市黄浦区茂名南路163号 9/2F

 

Tel:+86-133-0170-6974

レジャ研の関連ブログ

 ● レジャ研所長のブログ

日本のレジャーサービス産業は成功と失敗に満ちています!

そこから学べることはたくさんあります。そこで、その両方を行ったり来たりしながら、もっと楽しく働くヒントと、レジャーサービス業界がもっと元気になるヒントを紹介していきます。