What's New

2014年

10月

23日

週刊トラベルジャーナル10月13日号に連載記事が掲載されました!

<中国人客の購買パワー獲得術Case77>

今回のテーマは「カタコト中国語の接客販売術」です。

 

訪日外国人客の中でも突出して買物する中国人客。

一方で、ほとんどの店員さんは中国語ができません。

それでPOPを作ったり、指差し会話シートを用意したりとあれこれ工夫する店舗が増えてきました。

そうしたツールの正しい作り方とそれを活用しつつ最低限のカタコトを学習して接客すれば売上はあがります。この号では私たちが今まで中国本土の店舗研修で実際に実践してきたカタコトの中国語による接客術を一部紹介しました。

 

★週刊トラベルジャーナル2014年10月13日号の電子書籍はこちらです!


0 コメント

2014年

8月

01日

日経ビジネスオンラインにてインタビューが連載されました!

訪日外国人客が1,000万にを超え、全国の観光地や自冶体、企業で「インバウンド担当」に任命される人が急増しています。また、昨年までは「インバウンド係」だったのが「事業部」に組織が昇格するようになりました。そんな方々でもわかるように、現場の事例を中心にお話しました。参考になれば幸いです。

第一回は「さらば”売りこぼし”、簡単な売上アップ方法とは?」

 

0 コメント

2014年

2月

11日

日経MJ2014年2月10日号の特集に取材協力しました。

おもてなし日本ココガ足リナイ
おもてなし日本ココガ足リナイ

今回の特集「外国人客100人に聞く、おもてなし日本ココガ足リナイ」の記事で取材協力しました。

とかく「おもてなしの国」と思われがちですが、実際に外国人客の立場に立てばまだまだ不自由、不便なことが多いのが実態です。

多くの日本人が気づかない「死角」があります。

そこに焦点を当てたのが今回の特集です。

 

一例をあげると、世界的にも有名になった「和食」。皆楽しみにやって来ます。

しかし、正しい食べ方がわからなければ「美味しくない」のです。それには「伝える」というサービスが必要なわけで、それこそが日本が真剣に取り組まなければならない「おもてなし」です。

 

今回とても有意義だったことは、取材以外に特集の内容そのものの企画について、アドバイスや意見ができたことです。

週刊トラベルジャーナル2018年4月9日号に連載記事が掲載されました!

2018年4月9日発売の週刊トラベルジャーナル<中国人客の購買パワー獲得術Case119>

今回のテーマは「スマホ接客術」です。

 

相変わらずカタコト中国語の筆者が、普段どのように中国人相手のアテンドや接客をしているのか?ほとんどはスマホのGoogle翻訳のお世話になっています。

 

先日、実際にディズニーランドで出会った離れ離れになってしまった中国人親子との対応など、体験談を元に事例を紹介しました。

 

今年で中国進出20周年

週刊トラベルジャーナルで連載中!
週刊トラベルジャーナルで連載中!

▼2013年4月発売!

▼外国人観光客対応の現場向け教科書

>>自力で誘致してアテンドして得たノウハウをわかりやすくまとめました。

連絡先

【東京事務所】

〒150-0033

東京都渋谷区猿楽町12-36

JAプランニング・センター4階

 

Tel: 050-3592-3110

 

【上海事務所】

 上海市黄浦区茂名南路163号 9/2F

 

Tel:+86-133-0170-6974

レジャ研の関連ブログ

 ● レジャ研所長のブログ

日本のレジャーサービス産業は成功と失敗に満ちています!

そこから学べることはたくさんあります。そこで、その両方を行ったり来たりしながら、もっと楽しく働くヒントと、レジャーサービス業界がもっと元気になるヒントを紹介していきます。